早急に雨漏り修理をすることで二次被害を防ぐことが可能

知っておきたい雨漏りの二次被害

雨漏りが発生すると、室内が濡れるだけでなく、さらなる二次被害が発生することもあります。ここでは、住宅で発生する雨漏りの恐ろしい二次被害の一例を紹介します。

雨漏りによる二次被害の例

住宅の内部腐食
本来ベランダの腰窓の上部分は、防水シートや防水材が巻き込まれており、それに笠木が被さった状態になっています。しかしその仕様のどこかに欠陥や劣化があった場合、雨風による影響で雨水が浸入してしまうことがあります。外部に露出している箇所なので、住宅内部が腐食する原因となり得ます。
カビの大量発生
室内がカビ臭くなると、雨漏りによる二次被害を疑った方が良いかもしれません。天井や壁を剥がすと、内部はカビだらけになっていることもあります。これは雨水が住宅内部に浸入して、長期間放置されることで発生します。目視では発見しづらいこともあり、発見するまでに結構な時間がかかります。
シロアリによる被害
雨漏りの二次被害の中で、最も恐ろしいのがシロアリによる被害です。被害が発生すると、構造上重要な木材が耐久性を失うので、建物が崩壊する危険性もあります。雨漏り修理だけなら少ない金額で修復できますが、シロアリ被害による修復だけで1,000,000円以上の費用がかかることもあります。

雨漏り修理にかかる費用

電卓とお金

雨漏り修理は、修理する場所や被害範囲、発生箇所の数などによってかかる費用が変わってきます。早期の段階で発見できれば数万円で修復できますが、被害範囲が大きく、発生箇所の状態次第では以下のような高い修理費用を請求される可能性もあります。

高額になるケースの修復費用の相場

  • 屋根の補修工事 200,000円~
  • 屋根全体の修復工事 1,000,000円~
  • 外壁や屋根の塗装工事 1,000,000円~
  • 外壁の修復工事 1,300,000円~

雨漏りによる被害範囲が大きくなるほど、修復費用は高額になります。コーキングするだけなら3万円くらいで済みますが、外壁の修復工事のような大掛かりな作業になると300万円近い修理費用がかかってしまうこともあります。早期で発見することに越したことはないのです。ただ、雨漏り修理は火災保険が適用されるケースもあります。風災によって雨漏りが発生したら、保険金がおりて、実質0円で修復できること可能性があります。火災保険が適用されるかどうかを確認しておくと良いでしょう。

TOPボタン