特殊な気象状況で被害を受けたら~こんなときはこんな雨漏り修理を~

気象状況による雨漏れ被害

傘と家

雨漏りは特殊な天候や気象状況によって発生することもあります。雨の日は大して被害を受けていなくても、特殊な天候によって住宅が破損したり、老朽化したりすることもあるのです。そのため、住んでいる地域の天候や気象状況にも気をつけましょう。

天候によって起こる雨漏りの例

台風による雨漏り
毎年夏になると、台風が発生します。台風や強風時のみ雨漏りが発生こともあります。雨は通常上から下に降りますが、風の影響で横から打ち付けるように降ることも頻繁にあります。その影響で外壁の隙間から雨水が浸入し、その結果雨漏りが発生することもあるのです。
降雪による雨漏り
地域によっては、冬になると雪が屋根の上に降り積もるようになります。水とは違い、長時間屋根の上に降り積もったままになっていることが多いです。また周囲の気温も低いので、雪は溶けにくくなっており、溶けるのにかなりの時間がかかります。一部の雪が溶けても周囲の雪が流れ落ちるのを邪魔し、結果的に全て溶けるまで結構な時間がかかってしまうのです。また普段とは違う場所に水が溜まることも頻繁にあるので、それが原因で雨漏りを起こすことも少なくありません。ひび割れや亀裂に水が入り込み最終的に凍結し、それが隙間を広げることもあります。雨漏り被害を防ぐには、住んでいる場所の環境、特に気象状況をしっかり考える必要があるのです。

屋根以外の修繕が必要になる

屋根を修理しても雨漏りが改善されないときは、他の場所も雨漏り修理をする必要があります。雨漏りの原因は実に様々です。そのため、しっかりと原因を解明して修理することで、雨漏り修理することができます。

雨漏り修理をするための原因究明や対策法を教えてほしいです。
住宅のどこから雨水が浸入しているのかを特定するために、まずは現地調査をする必要があります。雨仕舞い、目地のひび割れ、窓ガラスのサッシ部分、防水シートなどを入念に調査し、修理が必要な箇所を特定することで、雨漏りを改善することができます。
TOPボタン